バリ島 観光 スポット ツアー | スマラプラ宮殿(クルタゴザ)

| バリ島 観光 スポット ツアー 家族で人気のスポットを巡る旅

 

18世紀に建てられた宮殿

観光名所 スマラプラ宮殿は、バリ島東部クルンクンにあります。18世紀に建てられたこの宮殿は、当時王宮の裁判所として使われており、当時使われていた裁判のときの机や椅子が今でもそのまま残っています。また建物内では伝統的なスタイルで描かれた精巧な天井画を見ることができます。同じく敷地内には当時の王宮の博物館があり、歴代の王の名前や写真、当時王が使っていた乗り物などが展示されています。

スマラプラ宮殿(クルタゴザ)

口コミ一覧

クルタゴサおもしろかったです。

満足度:3
2017年08月27日
ひかる | 女性 | 40代
ご利用メニュー:
バリ島ではいろんな絵画を見る機会がありました。博物館、美術館などに行ってバリ絵画鑑賞をしただけでなく、ホテルやレストランなどにも必ずバリ絵画が飾ってあるので、芸術がとても身近な存在であり、人々の生活の一部になっていると思いました。バリ島滞在中にいろいろ見た絵画の中で一番印象に残っているのは、スマラプラ宮殿の中にあるクルタゴサの天井画です。とにかく細かく描写されていて、よく目を凝らしてみると、昔の罪と罰が描かれているのがよくわかりました。ガイドさんの話で、ここがかつての裁判所だったと聞いて納得です。嘘をついたら舌を抜かれるし、泥棒をしたら手を切られるし、昔の裁判官は文字が読めない村人にわかるようにこういった絵で説明したのかと感心していました。芸術に関してはあまりよくわからない私でも見ていてとても楽しかったです。

王様の暮らしがわかる

満足度:3
2017年08月27日
M.N | 女性 | 40代
ご利用メニュー:
バリ島観光でスマラプラ宮殿を見学してきました。その昔、バリ島がいくつかの王国に分かれていた時代、スマラプラを治めていた王様の住んでいた宮殿が今は一般公開されていました。昔は王様とその家族が住んでいた当時の様子がわかるような展示がしてある博物館のような施設があり、ガイドさんの説明を聞いていると当時の王様がどんな暮らしをしていたのかよくわかりました。王様が使っていたものだけではなく、絵画や彫刻などの美術品もあり、特に絵画は戦争を題材にしたものを見ているとバリ島の歴史がよくわかりました。一番有名なクルタゴサという裁判所も見てきました。すごく広くてオープンなスペースには、天井に細かい絵がかいてあって、「悪いことをしたらこうなる」という意味のストーリーがたくさんあって、まるで日本の地獄絵図のようでした。

見どころは天井画です

満足度:3
2017年08月27日
チェリー | 女性 | 20代
ご利用メニュー:
今回初めて出かけてみた東部バリ島、思った以上にたくさん楽しめました。海もあるし山もあるしドライブしていてとても景色が良くて楽しかったです。途中スマラプラ宮殿も見学してきたのですが、みどころはなんといってもクルタゴザという昔の裁判所ですね。クルタゴサの建物の天井には本当に大きな絵が描かれていました。あの天井画を見るためだけにでもスマラプラ王宮に行く価値があります。カマサンスタイルというストーリー仕立ての非常に細かくて精巧なタッチの天井画には、かつての罪状や懲罰がわかりやすく描かれていました。サイズもかなり大きいし、絵の精巧さも目を見張るものがあって圧巻でした。あまりに夢中で天井画を見ていて首が痛くなってしまうほどでした。

宮殿目当てに・・・

満足度:3
2014年02月11日
てしがわ | 女性 | 40代
ご利用メニュー:
宮殿目当てに行ったのですが、奥には博物館もあって中に入って自由に見学出来ました。当時使われていた机や椅子などが展示されていました。王族の写真も色々ありましたよ。写真も自由に撮れました。 当時裁判所として利用されていた建物の天井画が歴史を感じました。どんな気持ちで裁判を受けていたのか・・天国と地獄がはっきりと現されていましたね。

博物館も

満足度:3
2013年03月15日
じゃらん♪ | 女性 | 30代
ご利用メニュー:
天井画が素晴らしかったです!他にも当時のものがいろいろ展示されていて博物館みたいでした。