バリ島 観光 スポット ツアー | ル メイヨール博物館

| バリ島 観光 スポット ツアー 家族で人気のスポットを巡る旅

 

住居兼アトリエ

バリ島 観光名所 ル・メイヨール博物館は、ベルギーの画家ル・メイヨールが住んでいた住居兼アトリエです。博物館では、89点にのぼる彼の作品を見ることができます。彼のバリ人の妻でありモデルのNi POLLOKによって、ル・メイヨールが亡くなった後、住んでいた家をそのまま美術館にしました。1985年に彼女が亡くなるまで、たくさんの観光客に開放し、そうして、この家とすべての調度品などが、そのまま博物館になったのです。

ル メイヨール博物館

口コミ一覧

MUSEUM=博物館?美術館?

満足度:3
2018年09月17日
gamagaeru | 女性 | 40代
ご利用メニュー:
ル メイヨール博物館ですけど、MUSEUMっていうのは博物館でもあり美術館でもあり、特にル メイヨール博物館は両方の面が楽しめる場所だった思います。ルメイヨール氏のアート作品のコレクションが鑑賞できる美術館という意味合いもありましたし、彼が暮らした1930-1950年代のバリ島の生活や雰囲気がよく伝わるような調度品の数々などを見ると博物館という気もしますし、、、ま、どっちでもいいんですけどね(笑) 今のように世界中から観光客が押し寄せるバリ島ではなく、昔の静かで落ち着いた雰囲気のサヌールビーチにタイムスリップしたような気持ちになれる場所だったと思います。ルメイヨール氏の作品はバリ人の奥さんをモチーフにしたものが多くて、ウブドのアントニオ・ブランコ氏を思い出しました。

サヌールビーチに行ったら、、、

満足度:3
2017年08月29日
あかし | 女性 | 20代
ご利用メニュー:
サヌールビーチに行ったら、ビーチをお散歩がてらル・メイヨール博物館を覗いてみてもいいかもしれないです。ル・メイヨール博物館は、ベルギー人画家ルメイヨール氏の作品が展示されている美術館でもあり、当時彼がバリ島で暮らしていた自宅がそのまま残されています。その自宅の雰囲気や彼の作品を通して、当時のバリ島がどのような様子だったかが伝わってくる観光スポットでもありました。ただ博物館というわりには、そこに展示されているもの、特に絵画に関しては保管状態があまりよくないのが気になりました。海に近いロケーションだけに保管には注意が必要だと思うのですが、これからどうなっていくんでしょうね。

サヌールという街らしい場所

満足度:3
2017年08月29日
K | 男性 | 40代
ご利用メニュー:
デンパサール空港から30分ほどのサヌールのビーチ沿いにあるル・メイヨール博物館に行ってきました。現在はバリ島で人気の観光地はクタやヌサドゥアなどになっていますが、サヌールはバリ島で一番最初にリゾート地として開発された由緒正しい町なんだそうです。観光客や地元客でにぎわう外のビーチとは対照的に、博物館の中はほとんど見学客もいなくてとても静かでした。ベルギー人の画家ル・メイヨールのかつての邸宅を現在は博物館として開放しており、博物館の建物やそこにおいてある調度品、そしてなによりル・メイヨールが描いた80年前のバリ島の様子を伝える作品からは、古き良きバリ島の様子が伝わってきました。昔の静かで落ち着いた雰囲気のサヌールビーチにタイムスリップしたような気持になり、その空間にいるだけでどこか心がリラックスできるような気分でした。

あまり見ごたえはなかった

満足度:2
2017年08月29日
匿名希望 | 女性 | 50代
ご利用メニュー:
バリ島ではいくつかの美術館や博物館を観光してきたのですが、ル メイヨール博物館はあまり見ごたえはなかったです。あまりその運営に力を入れていないのだろうなというのが伝わってくる感じで、展示やそのメインテナンスや見学者へのケアなども正直怠っているようでした。ほかの美術館や博物館ではすごくきれいにメインテナンスされていたり、係員の方が手入れをする様子を見かけたり、見学者に話しかけて説明をしてくれるなんていうことも珍しくなかったのですがここはそれがまったくなかったです。とりあえず有名な画家の自宅を博物館に指定して作品を展示してみた、というところで止まっている印象を受けるような残念な施設です。

満足度:
2017年08月29日
| |
ご利用メニュー:

家が博物館

満足度:4
2013年04月21日
美術部でした | 男性 | 40代
ご利用メニュー:
ホテルから近かったので行ってみました。 建物自体がアートだし、置き物にしても然りでした。 分り易い絵ばかりで、難しい抽象画はありませんでした。