バリ島 観光 スポット ツアー | ブランコ ルネッサンス美術館

| バリ島 観光 スポット ツアー 家族で人気のスポットを巡る旅

 

「バリ島のダリ」のギャラリー

観光名所 ブランコ・ルネッサンス美術館は、自らを「バリ島のダリ」と名乗っていたアントニオ・ブランコ氏のアートギャラリーです。アントニオ・ブランコ氏本人は、数年前に他界していますが、彼の息子であり、アート創作をしているマリオ・ブランコ氏によって運営されています。ブランコ氏の邸宅を改築した洋館テイストのフロアには、バリ島を象徴するレゴンダンスの作品や、彼の孫を描いたものなど多くの作品が展示されています。

ブランコ ルネッサンス美術館

口コミ一覧

ブランコワールドを体感できる

満足度:3
2017年08月26日
Parrot | 女性 | 50代
ご利用メニュー:
バリ島のアートの本場といえばウブドなので、ウブド観光では美術館を見学してきました。ネカ美術館でいろいろな作品を鑑賞していたのですが、そこに展示されていたアントニオ・ブランコ氏の作品がなぜか気になったので、同じウブド内にあるブランコ・ルネッサンス美術館に行くことにしました。ここはアントニオ・ブランコ氏のかつての自宅を美術館として開放しており、彼のコレクションがたくさん展示してありました。ブランコ氏の作品はその独特の色遣いがバリ島の緑豊かな自然とうまくマッチしているようで、しかも絵画を飾る額縁も彼の作品の一部であり、とてもデコラティブでオブジェのようで、彼の描く絵画を引き立てていました。美術館になっているかつての彼の邸宅も、その世界観をよく表しているような、美術館そのものもそこに飾られている作品も、すべてひっくるめてブランコワールドといった感じでした。

ユニークです

満足度:3
2017年08月26日
B.J | 女性 | 40代
ご利用メニュー:
バリ島にはたくさんの美術館があって、特に人気の観光地ウブドには美術館が集中していたと思います。私たちもウブド観光の時にブランコ ルネッサンス美術館を見学してきました。アントニオ・ブランコ氏はバリ人女性と結婚し、バリ島で生涯を過ごしたというスペイン人画家で、彼のかつての邸宅を美術館にして彼の作品を展示しています。アントニオ・ブランコ氏はよく「バリ島のダリ」と紹介されていますが、結構奇抜というかユニークな作風は人によって好き嫌いがあるかもしれないなという印象でした。バリ人の奥さんの肖像画が多かったです。かつてのバリ人女性がそうだったように、上半身は裸のものが多いです。入場料は8万ルピアで、チケットにドリンク代が入っています。庭を見ながら一息入れるのにはいいですよ。

他の美術館とは一線を画す

満足度:3
2015年05月11日
JICHO | 女性 | 20代
ご利用メニュー:
他の美術館で見た絵よりも、個人的には好きです。色彩も鮮やかですし、それぞれの絵に合った額縁も個性的。ちょっと奇抜かな、と思うような絵も、実は奥様への愛情に満ち溢れていて、感動してしまいました。

鳥がたくさんいる

満足度:3
2015年05月11日
だるまいんこ | 女性 | 20代
ご利用メニュー:
美術館としても非常に面白いのですが、ここにはたくさんの鳥が飼育されていて、珍しいオウムを手に乗せて記念撮影も出来ました。鳥と記念撮影は出来ますが、絵画の撮影は禁じられていて厳しく注意されます。

美術鑑賞もひとつの楽しみ

満足度:3
2013年09月07日
わした | 女性 | 40代
ご利用メニュー:
バリ島で美術鑑賞するのもひとつの楽しみでした。初めて行ったブランコルネッサンス美術館。ウブドを散策している時に見付けました。ひとりでも気軽に入れる美術館だと思います。展示品ひとつ、ひとつ、レトロでバリ島の雰囲気出ていました。大きなエントランスもバリっぽくて気に入りました。